実験!新世代コミュニケーション「発話権取引」

2018/05/08 23:43 に 益井博史 が投稿   [ 2018/05/08 23:51 に更新しました ]


5月13日(日)に、京都のコワーキングスペースAKIKANにて、発話権取引のスマートフォン用アプリ(α版)を使ったワークショップを行います。

劇団衛星の新作公演、『白くもなく、さほど巨大でもない塔を覗き込む、ガリヴァー』の関連企画として実施します。

詳細は以下


実験!新世代コミュニケーション「発話権取引」

■日時 2018年5月13日(日) 16:00-17:00
■場所 KAIKA / AKIKAN(京都市下京区岩戸山町440 江村ビル2F/3F)



■講師 益井 博史(立命館大学創発システム研究室研究補助員)
■説明文
                会議で言いたい意見があっても、上司や周りの目を気にして言えなかったことはありませんか?
                立場や年齢に関係なくそれぞれの「知」を出し合い、メンバーの「集合知」を生み出す。
                私たちはそんなツールを探しています。
                この実験では「発話権取引」というアプリを使い、皆さんにコミュニケーションをとって頂きます。

■対象
                劇団衛星新作公演『白くもなく、さほど巨大でもない塔を覗き込む、ガリヴァー』をご覧になる方。
                ※当日の観劇でなくても構いません。

■お申し込み
                劇団衛星のHPから。

※本ワークショップは、JST未来社会創造事業(探索加速型)「持続可能な社会の実現」領域採択研究課題
「「知」の循環と拡張を加速する対話空間のメカニズムデザイン」プロジェクトの一環として実施します。


Comments